MENU

保険について

薄毛治療の中でもAGAの場合は、保険適用されないため、個人の負担額が大きくなります。特に頭髪専門病院にて治療をうける場合、一般の病院とは内容が異なるため、費用も変わってきます。

 

 

頭髪専門病院の場合は、血液検査だけでなく、オプションとして、遺伝子検査やミネラル検査などを受けることができる病院があります。また、経過を見るために写真を撮り、通院ごとに効果を確認していくことができます。

 

薄毛の代表的な治療薬であるフィナステリドは、健康保険の給付対象外となるため、個人の負担額が大きくなる仕組みです。そのため、薄毛治療が長引けば長引くほど個人負担が大きくなってきます。

 

 

抜け毛の直接の原因は、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンです。このジヒドロテストステロンの生成を防ぐ働きがあるのがフィナステリドですが、服用をやめてしまうとまた復活してしまい抜け毛が始まるようになっています。長期的に医療費がかかったり、薬を飲み続けることに嫌気が差すと自家植毛に踏み切る人もいます。

 

治療費がかかるからと個人輸入を行うと偽物であったりトラブルにあったりするため、まずは、専門病院にて診察を受けることです。カウンセリングであれば、無料でできる病院が多いです。

スマホでも!タブレットでも!